【NPO日本欠陥住宅撲滅協議会とは】

【夢のマイホーム】人生の中で最大の買い物ですね。この最大の買い物が実は欠陥住宅だった。

こんなに悲しいことはありません。 これほどショックなことはありません。そうならないように、一人でも多くの人に欠陥住宅に関する情報を発信していきます。。安心して暮らせる建物を手に入れるために、ぜひ、ご参考にしてください。

昔ながらの「棟梁」が家を建てるようなスタイルは最近少なくなりました。代わりに、ハウスメーカーや工務店が家を造っているのが現状です。
また、ハウスメーカーの多くは、自社に施工を担当するスタッフを抱えていないもの。大小関係なく、

下請けの工務店が施工しています。ということは、工務店で建てる、ハウスメーカーで建てる、どちらにしても実際に施工する工務店を見抜く目を持たなければなりません。 

欠陥とは何か欠陥住宅といっても、種類は様々です。

例えば、襖などの建て付けが悪い場合、襖を調整して直るようでしたら容易に解決できますが、建物自体が歪んでいることで建て付けが悪くなっていれば、これは簡単には直すことができません。
こういった建物の構造や基礎の部分に手抜きやミスがある建物が、いわゆる「欠陥住宅」です。本来、施工者でない第三者が検査をし、その検査に合格しなければ次の工程に進めないような仕組みになっています。

書類からの見分け方欠陥住宅を未然に防ぐ、もしくは、追求するためには、書面で施工責任者や管理者を確かめることをおすすめします。書面から適正な建設工事が行われているかを確認できる重要な項目としては、

自分の家を実際に誰(工務店)が建てたかを知る
建築確認通知書や検査済証で実際の家との違いを確かめる
建築確認通知書に記載された「監理者」欄にある人や事務所を確認する
などが挙げられます。上記のような書面がない場合には、欠陥を抱えている可能性が高くなるとお考えいただいてよいでしょう。また、建築設計事務所が「監理者」としての名義貸しを行っているケースもあります。
これらを加味すると、自社内ですべてを取り仕切っている、もしくは管理者を知っているという状態が一番望ましいといえます。

建物からの見分け方すでに建物が完成している場合には、以下のような現象や、問題点が見つかれば、欠陥住宅の可能性が考えられます。欠陥部分がそれほど重要でなく、すぐに補修できたとしても、実はもっと重大な欠陥が内在していることもあるので、油断はできません。

何度修理しても雨漏りが直らない
建具の建て付けが悪く、何度調整しても直らない
床下の床束を繋いでいる板(根がらみ)や、床束の下にしっかりとした束石がついていない
天井裏の建物の外壁に沿った軒桁に小屋梁がついていない、その梁に金物がついていない
欠陥があるのでは?と思ったら…実際に上記のような内容が見受けられる場合には、請負契約をした相手にその旨を伝え、補修などを検討してもらいましょう。その際、あいまいな説明をされるようでも、はっきりと納得できる対処をしてもらってください。
また、根拠が分かるような社内資料などを要求すれば、ハウスメーカーであれば標準仕様書を持っていますから、理解できるまで解説してもらえるはずです。しかし、話を進めるには、ある程度専門知識も必要です。
困ったときは、建築士や弁護士や欠陥住宅に関する専門家の協力を得るのもひとつの手といえます。